障害年金のご相談は北海道障害年金相談センターへ

なぜ初診日の証明が必要なのか?〜年金制度の決定〜

  • HOME »
  • なぜ初診日の証明が必要なのか?〜年金制度の決定〜

先週から、初診日の重要性やその証明の注意点について(Link)お話しております。

では、そもそも何のために初診日の証明が必要になるのでしょうか?

 

大きく2つあるのですが、今回はその1つ目についてお話ししていきます。

1つ目の目的、それは「どの年金制度に基づく障害年金を支給すべきかを決定するため」です。

 

障害年金には、国民年金法による障害基礎年金、厚生年金保険法による障害厚生年金があります。(平成27年9月までは各種共済組合法による障害共済年金もありました。)

上記のうち「どの種類の年金をもらえるのか」は初診日時点でどの年金制度に加入していたかによって決まるのです。

 

例えば、初診日の時点で一般企業で就業しており厚生年金に加入していた場合、その障害により請求するのは障害厚生年金となります。

同様に、初診日時点で個人事業主などで国民年金に加入していた場合は、その障害により請求するのは障害基礎年金になります。

 

 

初診日がわからない場合、どの年金制度から障害年金を支給したら良いのか判別できないため、障害年金は原則もらえません。

厳しいようにも思えますが、原則ダメなのです。

 

例えば、20歳から現在までに、

➊国民年金加入できちんと納付している時期

❷公務員として共済年金に加入していた時期

❸会社員として厚生年金に加入していた時期

が混ざっている方がいたとします。

この方の初診日が証明できない場合、どの年金制度から障害年金を支給したら良いのか判別できません。

仮に、初診日の証明が不要なんていうことにしてしまうと、

金額的に一番有利な年金制度加入中に初診日があることにして年金を受給する、というズルいことができてしまうのです。

 

そんなズルを許さないためにも、初診日の証明が必要となります。

 

初診日証明が必要となるもう一つの理由は、また次のブログでお話しさせていただきます。

 

 

初診日が証明できなくて困っている、どこが初診日かがわからない、などのお悩みをお持ちの方、是非一度北海道障害年金相談センターにご相談ください。

初回(30分)相談は無料。報酬のお支払いは障害年金をお受け取りになってから(成功報酬制)となりますので、お気軽にご相談ください。

電話

 

 

TEL:011-

初回相談(15分)は無料です。 TEL 011- 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

北海道障害年金相談センター

〒000−0000

北海道札幌市

TEL:000−0−0000

PAGETOP
Copyright © 北海道障害年金相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.