障害年金のご相談は北海道障害年金相談センターへ

事務所概要

  • HOME »
  • 事務所概要

はじめまして、北海道障害年金相談センターです。

はじめまして、北海道障害年金相談センターの所長・玉置伸哉(たまおき しんや)です。

この度は当事務所のホームページへアクセスいただき、ありがとうございます。

当センターは、障害年金のお手続きをお考えの方のお役に立てる社会保険労務士事務所を目指して平成31年2月にスタートした、まだまだ若い事務所です。

開設からまだ時間の浅い事務所ですが、以前在籍していた社会保険労務士事務所において、障害年金手続きのお手伝い業務を6年にわたり専任で行い、経験を積んで参りました。

これまでおよそ1,000件のご相談対応の経験、およそ250件の申請実績がございます。

安心してご相談をいただけますと嬉しいです。

受給すべき方に確実に障害年金が届くように

当事務所の目指すところは「障害年金を受給すべき全ての方に障害年金が届くように、正確なお手続きをお手伝いすること」です。

これを実現するため、以下を大切にしております。

 

  • 常に全力で「できる方法」を考えます。
  • ご依頼者様の立場に立って考えます。
  • 不正は絶対にしません。

 

受給まで確実に導くことが私たちの仕事です。

ただし、不正を行ってまで受給していただくことは絶対にしません。

不正によりお客様にリスク(不正発覚により全額返還になる等)を負わせてしまうことは、私たちが本来やるべき仕事からは大きく外れる行為だと考えるからです。

障害年金の受給が難しい場合には、他の制度の利用等について、一緒に検討させていただきます。

私たちの理念

「障害をお持ちの方の将来を一緒に想像する」

障害年金の申請サポートを通して、お客様の「障害年金を受給したら、〇〇を実現したい」を実現する助っ人になりたいと考えています。

以前在籍していた社労士事務所でこちらの業務に携わっていた際には、

 「障害年金を受給できたら、高価なために諦めていた抗がん剤を試してみたい」

 「障害年金を受給できたら、プログラミングを勉強して同じような障害を抱えている人の役に立つ仕組みを作りたい」

 「障害年金を受給できたら、彼女と結婚したい」

等、障害年金を受給できた時にしたいこと、やりたいことを共有させていただきながら、申請サポートをさせていただきました。

ただ障害年金がもらえるようにすればよい、ではなく、受給できた障害年金でどうなりたい、何をしたい、というところまで一緒に想像しながらサポートをさせて頂きたいと考えています。

北海道障害年金相談センター

初回の相談は無料です。お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら

※病院同行や年金事務所での手続き等による外出が多いため、メールでのお問い合わせがオススメです。

事務所概要

運営事務所

TAMA社労士事務所

運営者

玉置 伸哉(社会保険労務士)

住所

〒060–0001 北海道札幌市中央区北一条西3丁目3(GoogleMapはこちら

ばらと北一条ビル9階 BIZ SHARE札幌内

※写真付きの道順はこちらからご確認ください。

※「BIZ SHARE」さんというレンタルオフィス内にございます。ご来所いただいた際には、受付にお声がけください。

(土日祝日はレンタルオフィスのエントランスが開いておりません。お手数ですが、ビルの9階にお越し頂きましたら、お電話を頂きますようお願いいたします。)

地図

電話番号

050−3586ー0310

開業年月日

2019年2月1日

運営者プロフィール

名 前

玉置 伸哉(たまおき しんや)

出生地

北海道二海郡八雲町

生まれ年

1982年(昭和57年)

座右の銘

・強くなくては生きていけない、優しくなくては生きている資格がない。

・ボロを着てても心は錦

尊敬する人物

細美武士さん、石井麻木さん(写真家)、両親

趣 味

音楽鑑賞、ライブに行くこと、ギター、河川

好きな音楽

スピッツ、Cocco、the pillows、ELLEGARDEN、syrup16g、Flogging Molly、乃木坂46など

自分へのご褒美

かもめちくわ、ビール、バナナ焼き

出身校

大谷ひかり幼稚園(旭川市)

旭川市立啓明小学校→室蘭市立知利別小学校

室蘭市立蘭東中学校→旭川市立東光中学校

旭川東高等学校(普通科)

釧路公立大学(経済学部経済学科)

経 歴

北海道二海郡八雲町で出生。出生後ほどなくして厚真町に転居。

食欲が旺盛過ぎて、道に落ちていた煙草の吸殻を食べて死にかける。

3歳まで厚真町で過ごし、旭川市へ。(この頃まで記憶はほぼありません。)

幼稚園→小学校5年生まで旭川市で過ごす。

小学校5年生の途中から室蘭市へ。

中学校1年生まで室蘭市で過ごし、旭川市へ転居。

旭川市で高校へ進学。高校に全く馴染めずに、ギリギリで卒業。

ギリギリで釧路公立大学へ進学する。

大学にも馴染めないまま4年間を過ごす。

ほとんどの時間を部活動(軽音楽部)に費やし、ギリギリで卒業する。

釧路公立大学を卒業後、就職を決められないまま、地元・旭川市に帰り、レンタルビデオ店でアルバイト生活を開始。

並行して就職活動を行いましたが、「第2新卒」に対する扱いは想像を絶するもので、心を疲弊させてくれました。

結局、2年間、就職先が見つからないままアルバイト生活を送りました。

 

その後、一念発起して札幌へ。

「とにかくできることはなんでもやる」という精神でやっておいた派遣登録が功を奏し、IT企業に営業マンとして就職。

初めての社会人生活を楽しみながら我武者羅に働くも、IT不況の影響により3年で契約終了。

しかし、厳しくも優しい先輩方に3年間みっちり鍛えてもらったおかげで、すぐに旭川市の医療・介護系の会社に就職。

 

この頃、「社会保険労務士」という資格を知り、目指すきっかけがありました。

それは、数年前に「最高の就職先を見つけた」と言って、意気揚々と札幌に出ていったはずの友人が、突然会社を辞めたこと。

 

話を聞いてみると、、、

友人は社長からパワハラ・セクハラを受け続けた挙句、身体を壊し休職。

休職しても回復せず、退職を申し出たところ「ちゃんと仕事を片付けていけ」と言われ3ヶ月拘束。

地獄のような3ヶ月を過ごしたにも関わらず、その3ヶ月分のお給料は理不尽な理由で未払いのまま…。

 

その話を聞き「そんな不条理がまかり通っていいのか?」と憤りをおぼえ、色々調べていく中で知ったのが「社会保険労務士」の資格でした。

この資格を取れば「いい会社作りを手伝って、友人を苦しめたようなブラック企業を減らせる」と思ったのです。

 

すぐに会社に退職願を提出。

こんな理由で退職させてくれた当時の会社には、本当に感謝しています。

そして、社労士事務所で働くために就職活動を開始。

(今思えば、順番が逆でした。)

 

無事に札幌市の社労士事務所に転職。

1年ほど労務管理や給与計算等の業務を経験したのち、「障害年金部門」に異動(一人部署)。

最初に社労士を目指した理由とは少し違いましたが、「ブラック労働等で障害を負ってしまった方のお役に立てるかもしれない」と考え、障害年金の相談業務にのめりこんでいきました。

その後、およそ6年間、障害年金業務の専属職員として従事。

でも、この間、社労士の資格は取れないままでした。

(社労士試験に5回挑戦し全て不合格。)

 

「このままではいけない」と考えて退職を決意。

 

退職後、試験勉強に集中。

2018年8月の試験で無事に合格。

2019年2月、TAMA社労士事務所を開業。

 

現在は多くの方に「あなたに相談してよかった」「あなたに手続きを手伝ってもらってよかった」という社会保険労務士を目指して、日々邁進中です。

北海道障害年金相談センター

初回の相談は無料です。お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら

※病院同行や年金事務所での手続き等による外出が多いため、メールでのお問い合わせがオススメです。

 

障害認定基準
就労支援事業所の職員の皆様へ

北海道障害年金相談センター

〒060-0001

北海道札幌市中央区北一条西3丁目3ばらと北一条ビル9階 TAMA社労士事務所内

TEL:050−3586−0310

営業時間 平日9〜18時

(土日祝は要相談)

運営者プロフィール

社会保険労務士

玉置 伸哉(たまおき しんや)

36歳。(1982年生まれ)

北海道二海郡八雲町生まれ旭川市育ち。

 

パワハラ・セクハラ、給与未払いを受けている友人を見て、どうにかしたいと考え社会保険労務士を目指す。

社会保険労務士事務所に入職し業務の経験を積む中で、障害年金のお手伝い業務に関わる。

その際、障害年金手続きの難しさ、そして、その難しさゆえに手続きに苦戦したり請求を諦めてしまったりする障害をお持ちの方が多いことを知る。

障害年金手続きのお手伝いをできる事務所を作りたいと考え、2019年2月北海道障害年金相談センター(TAMA社労士事務所)を開設。

 

詳しいプロフィールはこちら

ブログはこちら

対応地域

北海道全域

(札幌市、旭川市、函館市、帯広市、釧路市、小樽市、江別市、岩見沢市、北広島市、千歳市、恵庭市、石狩市、稚内市、根室市、苫小牧市、伊達市、北見市、網走市、北斗市、砂川市、滝川市、深川市、留萌市、士別市、富良野市、登別市、夕張市、釧路町、八雲町、倶知安町、白糠町、厚真町、豊頃町、中標津町、留寿都村、中札内村など全179市町村)

※遠方地域の方でも、電話・郵送によるサポートをご提供しております。

※また、交通費実費をご負担いただきますが、訪問によるご相談も可能です。

PAGETOP
Copyright © 北海道障害年金相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.