障害年金のご相談は北海道障害年金相談センターへ

障害年金で気をつけるべき点は?〜初診日編〜

  • HOME »
  • 障害年金で気をつけるべき点は?〜初診日編〜

障害年金の申請を申請する上で、大切な3つのポイントをご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

なかなかに複雑な制度ですから、ポイントを掴むのもなかなか難しいものです。

今回のコラムは大切な3つのポイントの1つにして、障害年金を申請するときに一番大切なことといっても過言ではないだろう「初診日」についてお話しします。

 

初診日とは「障害の原因となった傷病につき、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日」と定義されています。

障害年金の申請はまず、この初診日を証明することから始まります。

 

簡単そうに見えますよね?

この初診日を証明をするための書類を作成するのは、その当時通院していた医療機関です。

作成するときには、その当時のカルテを参考に記載します。

 

ここで問題です。医療機関はカルテを最終診察日から何年間、保存する義務があるでしょう?

 

答えは5年間です。(5年経過した後も保存している場合もあります)

もしも、初めてかかった医療機関(病院①とします)とは別の医療機関(病院②とします)に現在受診していて、初めて医療機関にかかった日から5年以上経過している場合、病院①のカルテの保存機関は過ぎています。

そうなると初診の証明書類を作成するための根拠(カルテ)がないため、医療機関は書類を作成できません。

 

医療機関から証明書類がもらえない場合、自身で初診日の証明ができる書類(当時の診療領収書や初診日の記載のある診断書など)を用意する必要があります。

この場合も、初診日から時間が経っていれば残っている可能性は低くなります。(筆者なら昨日の買い物のレシートだって捨てちゃってるのに、そんなに前の領収書なんて用意できっこないです。)

 

このように初診日から時間が経っていればいるほど、「初診日」が証明できずに障害年金をもらえない可能性が上がっていくのです。

「初診日から5年経過してないから大丈夫」と安心されている方も、心配を煽るようですが落とし穴が隠れている可能性があります。この落とし穴に関しては、また明日のコラムでお話しします。

 

将来的に重症化しそうな病名を診断されてしまった方や病院を転々とされている方には、初めてかかった病院に連絡をして、カルテを5年以上保存してもらえるように依頼することをお勧めします。

 

もし、初診の証明書を取ろうと思ったらすでにカルテがない、とか、初診日や初診医療機関がわからない、などの方、ぜひ一度北海道障害年金相談センターにご相談ください。

初回相談は無料。報酬のお支払いは障害年金をお受け取りになってから(成功報酬制)となりますので、お気軽にご相談ください。

電話

 

 

TEL:011-

 

 

1%でも可能性が残っていないか、一緒に調査※させていただきます。

※調査費用はお客様負担です。また、費用をかけて調査を行った結果、年金がもらえない場合もあります。(調査前でも申請可能性がゼロと判断した場合にはお断りさせていただきます。)

初回相談(15分)は無料です。 TEL 011- 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

北海道障害年金相談センター

〒000−0000

北海道札幌市

TEL:000−0−0000

PAGETOP
Copyright © 北海道障害年金相談センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.