障害年金を受給していると、ほとんどの場合で更新(障害状態確認届)の提出が必要になります。

提出が遅れれば、一時的に年金が止まってしまいます。

しかしながら、現状、新型コロナウイルス対策で外出を控えている方も多くいらっしゃることから、以下のような緩和措置が取られています。

令和2年2月末日以降に提出期限がある以下の届書(令和2年2月以降に誕生月がある方の届書)の提出がなかった場合でも、当面の間、年金及び年金生活者支援給付金について、支払いを止めない。

〈対象となる届書〉

  • 現況届
  • 生計維持確認届
  • 障害状態確認届

日本年金機構「【年金を受けている皆様へ】新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための対応について」のページはこちら

 

但し、一時的に提出が猶予されるだけであって、出さなくてもよいということではありませんのでご注意ください。

 

本件に関してのご不明な点については、お手元に年金証書や上記の対象となる届出書をご用意の上、日本年金機構に直接お問合せください。